fc2ブログ

四国の見聞禄

今回はNPOの仲間と、四国一周した時の体験報告です。
1台の車に4人乗車の節約旅行でしたが、心に残る小旅行でした。


高知県を走っていると、なにやら街並みがすっきりした
集落に(電線等、埋設してたのかな)入りました。
すこし走ると外壁にランダムに萱が配置された建物
現れました。



視察41

研修38


そう、ここは隈さんの設計された建物が幾つも点在する「梼原町」
だったのです。


視察39



庁舎も見学し内部もじろじろ、巨大な木梁の架溝等を見ながら、
「あーだこーだ」言ってると、突然若き町長さんがあらわれ
「寄ってってください」と町長室に案内
されました。

2視察研修 (45)

森林率91%の「梼原町」では林業再生をテーマに隈さんとタッグを組み、
次々と秀作を生み出しているとの事。
木造建築の話題でずいぶん盛りあがりました。

80年代の「ポストモダン建築」を経験した隈さんが、環境問題も踏まえ、森林保全・育成に
転化されたんですね。
あの一時期のポストモダンの流れは、一体何だったんでしょうか?


図書館は「新建築」等に掲載される前に体験したものです。
古いブログで恐縮です。

2視察研修 (38)

研修


追記ですが「竜馬の生まれた記念館」にもちょい寄り。
以前建築雑誌にも出ていましたが、プロポーザル入選作なんですね。
それと「公共建築賞・入選作」で、
しっかり表示してありました。

IMG_2673_convert_20210325175512.jpg

IMG_2677_(2)_convert_20210325175907.jpg

天井照明が当時としては珍しく、透明アクリ板の透過性を活用した物でした。
手作り器具だと思いますが・・・

私共の事務所も「公共建築賞」を受賞しており、なにやら親密感を
感じた次第です。

そのあと月並みですが「道後温泉」「高原カルスト地形」等を見学、
随所を廻り報告出来ませんが、帰路につきました。