都心部の皆さんと共に南信州の「民家探訪」

南信州高森町吉田地区は、天竜川により形成された沖積氾濫原と
上段台地に位置します。
吉田という地籍名が示す通り、扇状地先端の水利に恵まれた
豊かな稲作地帯として住み継がれてきました。


高森町には40棟の「本棟造民家」が残っていますが、
今回訪れた吉田地区の一角には「本棟造民家」8棟
「養蚕民家」3棟
が集約的に存在します。

吉田民家 手書き(旧) 分布図(A3)のコピー
吉田日影・広路地区 民家の現況分布図です。



今年で9回目になる地元[NPO山法師]と、都心部の皆さんによる
地域探訪「南信州フォーラム」が当吉田地区で開催され
民家に想いを寄せる20余名の皆さんが
希少な「民家探訪」
を体験しました。


東面を向いた母屋と文庫・穀蔵・養蚕長屋を配した民家が、
適度な間合いを保ちつつ点在し、独自の
農村原風景を醸し出
しています。

手書き木下配置図
養蚕業の母屋、文庫・穀蔵・養蚕長屋を配した、典型的な
「養蚕民家」の配置図
母屋は間口6間とやや小振りな民家【これ我が家です】


これは天竜川が形成した河岸段丘に沿い主街道が開かれ、
それに直交する道に沿って民家が分布し
自然発生的に格子状の集落
が生まれた結果と言えます。


001_20171011141404d80.jpg
間口8間の「本棟造民家」, 各土蔵・門構え等、
19Cの建築状態を維持している。


8_2017101114441753d.jpg
ひとつの石に三十三観音が刻まれた観音様が小路に
ひっそりと立っています。
ここだけで三十三所観音が拝めるという発想らしく、
全国的にも大変希少との事。


6.jpg
こんもりと盛られたなまこ壁・・・こんなに上手な左官屋さんは今や壊滅状態
「姫路城」の瓦屋根が白いと噂になっていますが、
これを屋根に施せば白く見えて当然、・・・・強烈な台風に耐える
沖縄の赤瓦も同様ですが。



当地域は主産業が稲作から明治初期からの養蚕業、
戦後の果樹栽培、現在盛況の柿栽培へと移り変わる中、
「本棟造民家」の「養蚕民家」への
変遷過程がよく解る
地域でもあります。


希少な「養蚕民家平屋建」,間口9間の巨大な「養蚕民家2階建」も、
幾度かの改修工事を経ながら住み継がれています。

014.jpg
これは珍しい平屋建ての「養蚕民家」です。階高も高く
夏季の通風
を考慮した大きな欄間が特徴です。


3_2017101114171627d.jpg
間口9間の巨大な「養蚕民家2階建」、2階の蚕飼育環境を居室に改修し
住み継
がれてきました。


特徴的なのは全ての「本棟造民家」が、元歴史研研究員・
金沢博士の定義による「前期型」である事です。
縦横3列格子モジュール形式の中央におえを配た形態が、
養蚕業の盛業に伴い小屋裏も活用するため吹き抜け部に
が張られました。


最古の「本棟造民家」は寛政2年(1,790年)建築のM邸であり、
天保11年(1,840年)移築のNy邸、19C前期建築(推定)Mh邸、
My邸と引き継がれています。


宮島見学
M邸の前でスナップ写真
環境省の「地球温暖化防止キャンペーン」のPRとして
全国五紙の一面に掲載された
大変由緒正しき名家です。
赤レンガの煙突と共に、地域のシンボル的な住まいとして
愛されてきました。


これらの「本棟造民家」の3割が移築であり、
建築時の山林の状況、建築資材の希少性を
垣間みる事が出来ます。


また地域の方々は「本棟造民家」に対し、大変強い想いを
持ち続けています。
母屋の屋根形態は「本棟造」の特徴である切妻・大屋根、
平面計画は現代に適応、長屋は「柿加工場」へと特化した
「昭和の本棟造民家」
としての住まいも
数棟建築されています。


本島昭和の本棟造
母屋は「本棟造」の形態、長屋は「柿加工場」の「昭和の本棟造民家」
として継承される。


一方今回調査した11棟の民家でも、現時点で4棟が後継者がいない現況です。
全国の空き家数が1,000万棟に近づく現在、この様な希少な民家を住み継ぐ為にも
地域の地場産業の振興、地域力の強化が早急に望まれます。