FC2ブログ

「木は100年経たんと粘りがないなあ」という工匠の言葉

飯田市内の、とある山中にある作業小屋・・・
一見何の変哲もない木造平屋の小屋だが
毎回ここを通りがてら、内部を覗き見するのが楽しみ

松丸太を手刻みで組み上げた、今や希少な工匠の作品とも言えるもの
桁行(長辺方向)は7間(13M 弱)もあり、使用材は通し物の赤松丸太材なのだ

027.jpg

曲がった松梁に寸分の狂いもなく埋め込まれた束材の納まりには
本当に驚嘆・・・・一体どうやって墨出しを行なったのか・・・

030.jpg

桁行・梁間に松丸太を交叉させるのは、正方形に近い「本棟造民家」
によく見られる工法ではあるが、こんなに繊細ではない。

017.jpg

倉庫にはこんな丸太材が、無造作にゴロゴロ

度々覗き見してたら、ある日建て主と思われる棟梁に遭遇・・・・会話の中で

「やっぱ木は100年経たんと、粘りがないなあ」 という何気ない一言が
工匠の言葉として強く突き刺さった。


後程,その言葉をかみ締めてみると、
樹齢100年の木の事を言っているのか、
伐採後100年経過した木の事をいっているのか・・・・
ヒノキ材が上棟後100年使用され、初めて強度が出るとは通俗論ではあるが

桧強度-2

100年、いや200年位経過した時点が最強度らしい。1000年以降も伐採時の強度を
維持するという事は、飛鳥の法隆寺も同じ強度を維持しているという事か?!


その後、その棟梁が建てられたという住まいを人伝に捜し当て見学。

たまたま隣の方の駐車場を見上げると、同じ棟梁が組み上げたと
一見で解る小屋組みが出現・・・・

004_201707051608458c3.jpg
同じ棟梁により架工された駐車場・・・工匠の技が結集し、今や希少な建築物

「こんな駐車場はもう二度と手に入らないから、大事に使って下さい」と
お節介なアドバイスを一言。


訪ねた70代の地域の名士と思われるお施主さんは、快く内部を見せて下さり、
「木材は全て御自身の山から切り出した材を使用した」と伺う
樹齢200年近いヒノキ材が、まだ御自身の山に豊富に残っているという
話にまたビックリ、

玄関に頭を出した巨木のヒノキ材は室内まで9間(14.0M)の通し物
「おえ」にあたる吹き抜け部は巨木が何層にも組んである

021.jpg

007_20170705160844d3e.jpg

008_20170705160843c9b.jpg

013_201707051608379a1.jpg

あの作業小屋に通じる同種の加構であり、いやはやよくも
組み上げたものだ

建具も地域の職方による工芸品と呼べる秀作がずらり

015_20170705160837683.jpg

018.jpg


その後、家主から「力強く木を愛する住まいづくりに対する想い」をお聞きし

「こんな元気な方がいるではないか。間伐期を迎えた木材が山に溢れる
現実をもっと訴え、良質なすまいを提供するよう頑張れ・・・・・
それが南信州に生きる建築士の責務ではないか!」
と自分自身に激をとばしたのであります。

早速、現在設計中の木造小屋組みを、登り梁から松丸太アラワシの小屋組みに変更
棟梁の意気込みに弟子入させて戴く心境なんです。

地域の山林を知り尽くし、木を刻み地場工法で組み上げ、地域素材で仕上げる・・・
この様な工匠の方々の後継者が、ハウスメーカーの進出、簡略工法の住まいの増加により
居なくなってしまうのだ。

これが良きはずはなく、地域の主要な産業であった林業・木工業・循環経済のなかでの多業種、
地域文化の継承をめざして、同胞の皆さんと一騎団結、頑張っていく所存であります。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。