「ハイ・ブリッド民家」としての「養蚕民家」の再生工事・完成間近

 今回再生工事中の古民家「S邸」は、飯田市の南端桐林地区に建築された明治中期建築の「養蚕総2階建民家」です。この地域はひな段状の水田地帯に、米作と養蚕を主産業としてすまい継がれてきた民家が点在し、農村原風景が維持されている貴重な地域でもあります。 S邸は「養蚕総2階建民家」に多く見られる、下屋形態の水周り部を解体・除却し、既存部を耐震補強しながら、日常的な居住空間を新たな現代生活に適合するよう改築...