都心部の皆さんと共に南信州の「民家探訪」

南信州高森町吉田地区は、天竜川により形成された沖積氾濫原と上段台地に位置します。吉田という地籍名が示す通り、扇状地先端の水利に恵まれた豊かな稲作地帯として住み継がれてきました。高森町には40棟の「本棟造民家」が残っていますが、今回訪れた吉田地区の一角には「本棟造民家」8棟「養蚕民家」3棟が集約的に存在します。吉田日影・広路地区 民家の現況分布図です。今年で9回目になる地元[NPO山法師]と、都心部の皆さんに...

猛暑を感じない南信州の住まい

温暖化の影響か、今年の猛暑はなかなか手強かったですね。完全空調のビル内で御生活の皆様、今回は南信州の猛暑対策例を御紹介・・・これは私共の事業所の外観緑化が進み、すっかり植栽に包まれてしまいました。もう緑化に対する「気合」は大変なものがあり、土壌改良(炭まで投入)を入念に行い寒気対策、水やりを「これでもか」という位行ったのであります。おかげ様で想像以上に成長し、現在はこんな感じ市街地にみられるポット等を使...

「木は100年経たんと粘りがないなあ」という工匠の言葉

飯田市内の、とある山中にある作業小屋・・・一見何の変哲もない木造平屋の小屋だが毎回ここを通りがてら、内部を覗き見するのが楽しみ松丸太を手刻みで組み上げた、今や希少な工匠の作品とも言えるもの桁行(長辺方向)は7間(13M 弱)もあり、使用材は通し物の赤松丸太材なのだ曲がった松梁に寸分の狂いもなく埋め込まれた束材の納まりには本当に驚嘆・・・・一体どうやって墨出しを行なったのか・・・桁行・梁間に松丸太を交叉させる...

最近の「LED照明」・・・過剰使用かな?

建築空間の認識作用に影響を与える要素といえば 視覚(光、明暗)触覚(テクスチェアー、質感、冷暖) 嗅覚(樹の香、民家のわらの匂い) 聴覚(音、反響)といったところでしょうか・・・人々は石積、木建てによって風雨から我が身を守るシェルターとしてのすまいの空間創造時から、自然光の取り入れ・排除に関し多様な創意・工夫を想い描いてきました。自然光を表現した傑作といえばルイス・カーン、コルビュジエ、アアルト等巨匠と呼ば...

【だいだらボッチ】30周年祝賀会に参加して

先日、泰阜村を拠点に「子供達の体験学習」をテーマに活動する「だいだらぼっち」の30周年祝賀会に参加して参りました。「だいだらぼっち」とは、あの宮崎駿監督「もののけ姫」に登場する巨人の妖怪の事です。30年前、学校を出たばかりの情熱的な若い男・女のスタッフが空き家を借り、都心部の子供達と共同生活を送りながら、体験学習を開始したのが活動の起点なんです。現在だからこそ「体験学習」という言語が認知されていますが...